今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

一般的な使い方・使用方法

浣腸をする場所

トイレ(洋式)で行うのが一般的ですが、使用しやすい場所であればどこで行っても構いません。浣腸による排便は急に便意を催すので、トイレ以外に行う場合は、トイレの近くで行う方が良いでしょう。

一般的な使い方

1. キャップをはずす

ノズルを持ち、容器のキャップをねじりながら、静かに抜いてください。

  • ボディ部を持ってキャップをはずすと、薬液が出る場合があります。
    容器のキャップを取り外し、挿入するノズル先端に傷がないかを確かめてください。
    浣腸のノズル先端から静かに肛門部へ挿入します。
  • 滑らかに挿入できない場合は、容器挿入部を真上に向け、薬液を少し押し出し、先端周囲を濡らすと挿入しやすくなります。無理に挿入すると、直腸粘膜を傷つける恐れがあるので注意して下さい。

2. クスリを入れる

容器(ボディ部)を押しつぶしながらゆっくりと薬液を注入します。

3. しばらくがまんし、排便する

目安として、3分から10分待ち、便意が充分に強まってから排便して下さい。
(待つ時間は個人個人で、また、症状により異なります。)

  • 冬季は容器を温湯(40℃位)に入れ、体温近くまで温めると快適にご使用できます。
  • ご使用後の容器は、プラスチックゴミとして各自治体の廃棄方法に従い、処分して下さい。

浣腸を快適に使っていただくために

浣腸をひとはだにあたためて使うと快適に使用できます。特に冬がおすすめです。

あたためる方法

  1. 約40度のお湯の中に入れて浣腸をあたためます。
  2. 容器をとりだし、指で確認してあたたまったら使用します。

ご注意

  • あたためすぎには注意してください。
  • ご使用後の容器は、プラスチックゴミとして各自治体の廃棄方法に従い、処分して下さい。 廃棄方法はこちら >>

イチジク浣腸は、全国の薬局・ドラッグストアまたはこちらから購入できます。

この記事は役に立ちましたか?

いいえ

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
改善できる点がありましたらお聞かせ下さい。

送信

貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

次ページは「浣腸を使う前の注意」です。

4. 浣腸を使う前の注意イチジク浣腸を使用する前の注意点を説明しています

「浣腸について」の関連ページ