今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

アボカドとヨーグルトの冷たいスープ

アボカドとヨーグルトの冷たいスープ
蒸し暑く食欲がない時もひんやり美味しいじめじめと蒸し暑い日が続きます。今回はそんな今の季節におすすめの冷たいスープをご紹介。ミキサーにかけるだけなので、火を使わずにすぐに出来上がります。さらに栄養満点、便秘解消にもとっても効果的、是非お試し下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(2人分)

アボカド
1個
ヨーグルト(無糖)
200cc
キュウリ
1本
100cc
適量
エビ(ボイルしてあるものもしくは生食できるもの)
小6尾
ミニトマト
6個
オリーブオイル
小さじ1

作り方

1.
アボカドの種を取り、皮を剥いて適当な大きさに切る。キュウリはスライスする。
アボカドの種を取り、皮を剥いて適当な大きさに切る。キュウリはスライスする。
2.
ミキサーにヨーグルトと1.を入れて回す。塩で味を整える。
ミキサーにヨーグルトと1.を入れて回す。塩で味を整える。
3.
エビとミニトマトを小さく切る。ボウルに入れ、オリーブオイルと塩を加えて混ぜる。
エビとミニトマトを小さく切る。ボウルに入れ、オリーブオイルと塩を加えて混ぜる。
4.
器に2.を盛り、中央に3.をのせれば出来上がり!
器に2.を盛り、中央に3.をのせれば出来上がり!

《監修》フードスタイリスト

吉田美生(よしだ みお)

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

調理のポイント

食べる直前に作るのがベスト

食べる直前に作るのがベスト

アボカドは切ってそのままにしておくと変色します。これは空気に触れることで起きる褐変という現象で、見た目が悪くなりますが、味には何の問題もありません。

ただやはり、茶色っぽくなったものですと、あまり食べたくはなりませんね。ですから、できればアボカドは食べる直前に調理しましょう。今回のスープでは、アボカドをヨーグルトと一緒にミキサーにかけているため、それほどすぐ変色することはありませんので、あまり焦らなくても大丈夫です。

形がきれいで果皮に張りとツヤがあり、ヘタと果皮の間に隙間がないものが良いアボガドです。皮が真っ黒でシワがあるものは熟し過ぎです。また、ヘタが取れて、その部分が黒くなっているものは、果肉が変色している可能性があるので避けた方が良いでしょう。数日後に食べる場合は果皮が緑色のものを、すぐに食べたい場合は黒みがかったものを購入しましょう。

刻んで加えたトマトとエビで旨味アップ

トマトとエビを加えることで、食べ応えも出て、旨味もアップします。
エビ以外にも、白身魚などの魚介類でもOK。色々なアレンジが可能です。トマトもまた旨味を多く含み、甘みもあるため、スープにコクと食感のアクセント加えます。彩りもキレイになりますので、ちょっとしたおもてなし料理にもなりますよ!

今月のポイント&コラム

トマトとアボガドの栄養

トマトには、抗酸化作用のあるリコピンやビタミン類の他、水溶性食物繊維のペクチンも含まれているため、便秘の解消に効果があります。また、腸内のぜん動運動を高めてくれるカリウム、消化液の分泌を促して胃腸の働きを活性化させ、便通を良くするクエン酸も含まれているため、便秘がちの方にはおすすめの野菜です。

森のバターとも言われるアボカド。脂肪分が高く、カロリーも高めなので、あまり食べないという方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、アボカドの脂肪分の80%はオレイン酸とリノール酸という不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす非常に良い油なのです。中でも、オレイン酸は腸を刺激して消化吸収を助ける働きがあり、また、オレイン酸が持つ乳化作用には、腸内物をやわらかくして排便を促す作用があるため、便秘の解消に効果的なのです。

そして、アボカドには食物繊維が多く含まれ、その含有量はゴボウに匹敵するほど。さらに水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。水溶性食物繊維は腸内細菌の餌となり、腸内環境を良くします。不溶性食物繊維は便のかさを増やし、スムーズな排泄を促します。両方の食物繊維を意識して摂ることが便秘の解消につながりますので、アボカドは便秘の解消にもってこいの食材といえるでしょう。

スープに加えたヨーグルトも便秘解消には有効な食材。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、腸の動きを活発化・正常化する働きが期待できます。腸には100兆もの腸内細菌が存在しますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌のエサになってくれるので、腸内環境を整えることができ、便秘の解消につながります。

食物繊維を多く含む野菜は、加熱などの調理が必要なものが多く、なかなか手軽に食べられないのが難点。それに比べ、アボカドやトマトは切るだけで気軽に食べられます。

今回はそんなアボガドやトマトを使った簡単レシピのため、調理時間は5分もかかりません。暑くて火を使いたくない、じめじめした気候で食欲が出ないといった時でも、手軽に作って食べられます。ますます暑くなるこれからの季節、無理せず料理し、美味しく健康管理、便秘解消を心掛けましょう。

このレシピは
  • 参考になった (6)
  • 作りたい (0)
  • 効果があった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。