今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

トマトとオレンジのガスパチョ

トマトとオレンジのガスパチョ
簡単に作れて真夏でもさっぱり食べられる!猛暑日が続きますね!そんな時はやっぱり食欲も落ちがちに。そこで今回は、簡単に作れてさっぱり飲める、夏野菜たっぷりの冷たいスープをご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(2人分)

トマト
1個
玉ねぎ
1/4個
セロリ
1/2本
パプリカ(赤黄どちらでもOK)
1/2個
ピーマン
1個
キュウリ
1本
ニンニク
小1/2片
バジル
2枝
オレンジジュース
200cc
オリーブオイル
大さじ3
適量
ヨーグルト
大さじ4

作り方

1.
全ての野菜をザク切りにする。バジルは飾り用に少量残し、茎から葉をちぎる。
全ての野菜をザク切りにする。バジルは飾り用に少量残し、茎から葉をちぎる。 全ての野菜をザク切りにする。バジルは飾り用に少量残し、茎から葉をちぎる。 全ての野菜をザク切りにする。バジルは飾り用に少量残し、茎から葉をちぎる。
2.
材料を全てボウルに入れ、1時間~一晩冷蔵庫に入れておく。
材料を全てボウルに入れ、1時間~一晩冷蔵庫に入れておく。
3.
ミキサーにかけ、器に注ぐ。ヨーグルトを入れ、バジルを飾れば出来上がり!
ミキサーにかけ、器に注ぐ。ヨーグルトを入れ、バジルを飾れば出来上がり! ミキサーにかけ、器に注ぐ。ヨーグルトを入れ、バジルを飾れば出来上がり!

《監修》フードスタイリスト

吉田美生(よしだ みお)

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

調理のポイント

一晩置くことでまろやかに

一晩置くことでまろやかに

全ての材料を切って一晩オレンジジュースに漬けておくことで、玉ねぎやニンニクの辛みがまろやかになります。しばらくした後、もしくは翌日にミキサーにかければ飲みややすいスープになります。

もちろん、すぐに飲みたいという場合はそのままミキサーにかけても構いません。ただし、玉ねぎやニンニクの辛みが立ってしまいますので、野菜の辛さが苦手な方は、玉ねぎとニンニクをそれぞれ半量くらいに減らすことをおすすめします。

今月のポイント&コラム

トマトなどの夏野菜は便秘解消、夏バテ予防に効果的

1年を通じて出回るトマトですが、露地物が旬を迎えるのは6~8月のこの時期。古くよりヨーロッパでは「トマトのある家に胃腸病なし」とか「トマトが赤くなると医者は青くなる」などのことわざがあるほど健康に良く、夏バテ予防にもおすすめの野菜です。

トマトの赤い色は強い抗酸化力を持つリコピンという色素によるもので、赤色が濃いほどリコピンが多く含まれています。また、リコピン以外にもβ-カロテンやビタミンC、ビタミンB群やビタミンEなどのビタミン類、カリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄等のミネラルが含まれています。

もちろんトマトは便秘の解消にも効果的。トマトは水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含んでいます。水溶性食物繊維は胃や腸で吸収されず、ゆっくり大腸まで運ばれ、便を柔らかくしてスムーズな排泄を促します。また、同じくトマトに含まれるクエン酸は消化液の分泌を促進して胃腸の働きを良くし、カリウムは腸内のぜん動運動を活発にしてくれます。

夏野菜には全般的に水分が多く含まれ、体を冷ます効果があります。ですから、暑い夏には積極的に摂りたいもの。トマトやキュウリをはじめとする夏野菜は、真夏の火照った体温を調節し、体の熱を冷ましてくれます。その上、水溶性・不溶性の食物繊維の他、ビタミンやミネラルも豊富。便秘解消レシピに活用しない手はありませんね!

暑くて体もだるく、食欲も落ちがちになる今日この頃。
簡単に作れる栄養満点のスープで、体調管理、便秘の解消を心掛け、まだまだ続く暑い夏を頑張って乗り切りましょう!

このレシピは
  • 参考になった (0)
  • 作りたい (0)
  • 効果があった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。