今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

下仁田ネギとジャガイモのグラタン

下仁田ネギとジャガイモのグラタン
和食でおなじみ、冬に美味しいネギとタラで冬に美味しいネギとタラ。和食でおなじみの食材ですが、洋風にしても美味しく召し上がって頂けます。材料も少なく簡単に作れるので、是非お試し下さい。おかずが一品足りない時などにもおすすめですよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(2人分)

オリーブオイル
大さじ2
じゃがいも
2個
甘塩タラ
2切れ
下仁田ネギ
1本
牛乳
300cc
適量
パン粉
適量

作り方

1.
下仁田ネギを幅2cm程度にカットする。
下仁田ネギを幅2cm程度にカットする。
2.
ジャガイモは皮をむき、厚さ1~2cm程度にスライスする。タラの皮を取り除き、一口大にカットする。
ジャガイモは皮をむき、厚さ1~2cm程度にスライスする。タラの皮を取り除き、一口大にカットする。 ジャガイモは皮をむき、厚さ1~2cm程度にスライスする。タラの皮を取り除き、一口大にカットする。
3.
鍋にオリーブオイルを入れて熱し、下仁田ネギを焼き色が着くまで炒める。
鍋にオリーブオイルを入れて熱し、下仁田ネギを焼き色が着くまで炒める。 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、下仁田ネギを焼き色が着くまで炒める。
4.
タラ、ジャガイモを加えて軽く炒める。
タラ、ジャガイモを加えて軽く炒める。
5.
牛乳を加え、沸騰したら吹きこぼれない程度の中火にし、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。塩で味を整える。
牛乳を加え、沸騰したら吹きこぼれない程度の中火にし、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。塩で味を整える。
6.
耐熱容器に移し、パン粉をふりかける。
トースターで5~8分程度、焼き目がつくまで焼けば出来上がり!
耐熱容器に移し、パン粉をふりかける。 トースターで5~8分程度、焼き目がつくまで焼けば出来上がり! 耐熱容器に移し、パン粉をふりかける。 トースターで5~8分程度、焼き目がつくまで焼けば出来上がり!

《監修》フードスタイリスト

吉田美生(よしだ みお)

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

調理のポイント

深めの鍋を使用しましょう

深めの鍋を使用しましょう

今回のレシピでは下仁田ネギなどの具材を牛乳で煮て、柔らかくしています。牛乳はお湯で煮る場合よりも吹きこぼれやすいため、鍋は深めの物を使用して下さい。

煮ることで牛乳が煮詰まり、とろみのあるソースのようになります。ですから火力は弱火ではなく弱火~中火くらいで!鍋底を時々かき混ぜ、焦げ付かないように注意して下さい。

具材をソースごと耐熱皿に移して焼くため、ジャガイモやタラなどが煮くずれても特に問題はありません。もし、煮くずれがひどいようであれば、ジャガイモがある程度柔らかくなったところで、中の具材を耐熱容器に移し、鍋に残った牛乳だけを煮詰めましょう。

牛乳を煮詰めるため、最初に塩を加えると、仕上がりが塩辛くなってしまいます。塩は煮詰めた後、味を見て加えて下さい。今回は甘塩タラを使っているため、あらかじめタラ自体に塩が含まれています。その点も注意して下さいね!

手間いらずの調理法

牛乳で煮るというこの調理法、実は様々な食材に応用が可能です。特に芋類は牛乳と相性が良いため、ジャガイモ以外でも里芋、さつまいも等でも美味しく作ることができます。

下仁田ネギが手に入らない場合は、普通の長ねぎや玉ねぎでももちろんOK。きのこ類やブロッコリー等を加えても美味しく仕上がります。

通常、グラタンというとホワイトソースを使いますが、牛乳を温めたり、バターで小麦粉を炒めたりと結構手間がかかります。その点、牛乳で煮るだけであれば簡単!バター等を使用しないため、ヘルシーに仕上がります。

ちょっとさっぱりしていて物足りないはという場合は、牛乳の半量を生クリームに代える、もしくは、仕上げに大さじ1程度のバターを加えればコクがアップしますので、お試し下さい。

今月のポイント&コラム

栄養価の高い下仁田ネギ

下仁田ネギは群馬県下仁田町の特産。太く短い品種で、主に白い部分を使います。生のままでは辛いですが、加熱すると甘みが強くなり、非常に柔らかく、滑らかな食感となります。そのため加熱調理に向き、意外かもしれませんが、洋風の調理法にも良く馴染みます。

ネギの白い部分には、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが含まれています。さらにネギオールという殺菌作用を持つ成分も含まれており、風邪が気になるこの季節にも嬉しい食材。また、葉の緑の部分にも、皮膚や粘膜などを健康に保つβカロテンやビタミンCを豊富に含みます。

下仁田ネギは普通のネギに比べ、これらの成分が比較的多く含まれているのが特徴です。また今回は、下仁田ネギではあまり使用しない葉の部分も使用していますので、様々な栄養素をより多く摂取することができます。

一緒に加えたジャガイモは、水溶性と不溶性の食物繊維をほぼ同量で含む、便秘解消にはもってこいの食材。さらにビタミンCやビタミンB群も含みます。ジャガイモのビタミンCは熱に強く、煮たり焼いたりしても壊れにくいため、こちらも加熱調理に向いています。

寒さと乾燥が厳しい今の時期。冷えにより腸の活動が鈍くなったり、血行も悪くなりやすく、便秘に悩む方も多いのはないでしょうか。食物繊維豊富な栄養バランスの良い食事をしっかり摂って便秘を解消し、まだまだ続く寒い季節を乗り切りましょう!

このレシピは
  • 作りたい (2)
  • 参考になった (0)
  • 効果があった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。