今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

ラタトゥイユ風 夏野菜の煮物

ラタトゥイユ風 夏野菜の煮物
シンプルだから際立つ野菜の味加水せずに煮込むと野菜の水分が減って、生で食べるよりも濃厚な味わいに。たくさん食べやすくなるので、野菜の食物繊維や栄養素をたっぷり補給できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(2人分)

トマト
1個
赤・黄パプリカ・たまねぎ
各1/2個
ズッキーニ・なす
各1本
小さじ1/2
お好みのオイル
適量

作り方

1.
トマト、赤・黄パプリカ、たまねぎは1~2cm角に切る。ズッキーニ、なすは1cm幅の輪切りにする。
トマト、赤・黄パプリカ、たまねぎは1~2cm角に切る。ズッキーニ、なすは1cm幅の輪切りにする。
2.
鍋に、トマト、赤・黄パプリカ、ズッキーニ、なす、たまねぎの順に重ね、塩を加えて蓋をし、時々鍋をゆすりながら、とろ火で30~40分煮る。
鍋に、トマト、赤・黄パプリカ、ズッキーニ、なす、たまねぎの順に重ね、塩を加えて蓋をし、時々鍋をゆすりながら、とろ火で30~40分煮る。 鍋に、トマト、赤・黄パプリカ、ズッキーニ、なす、たまねぎの順に重ね、塩を加えて蓋をし、時々鍋をゆすりながら、とろ火で30~40分煮る。
3.
煮えたらひと混ぜして器に盛り、お好みのオイル(オリーブオイルなど)をかければ出来上がり!
煮えたらひと混ぜして器に盛り、お好みのオイル(オリーブオイルなど)をかければ出来上がり!

健康ライター・管理栄養士

志水 あい(しみず あい)

「やり方さえ知っていれば、こどもも大人も誰でももっと手軽に楽しく健康になれるはず!」と考え、管理栄養士として健康づくりに役立つ情報を発信中。

調理のポイント

夏野菜の水分を利用して美味しさを引き出す!

野菜を美味しく食べるコツは鮮度!

夏野菜は各種食物繊維だけでなく、水分が豊富!この水分を上手に利用すると、何気ないシンプルな料理がとっても美味しい一品に変身します。

野菜を美味しく食べるコツは鮮度!野菜には色々な成分が含まれています。これらの成分が、甘味・酸味・旨味などの味のもと。野菜にもともと含まれている美味しさを引き出すには、余分な水分を除いて味を凝縮させるのがおすすめです。

野菜の水分は細胞中に含まれています。水分を除くポイントは、適量の塩を加えることと、加熱すること。塩を振ると水が出てきます。また、加熱すると食物繊維でできている細胞壁が壊れて水分が出て、さらに過熱することで水分が蒸発するので、野菜の味が凝縮されます。

良質な油の摂取も便秘解消に効果的

一般的なラタトゥイユは、先にオリーブオイル等で野菜を炒めてから煮込みます。野菜の美味しさを引き出すには、もちろんこの方法でもOKです。荷崩れ予防にもなります。

今回、油で炒めずにあとからかけるようにした理由は、摂取する油の種類や量をお好みで調整できるようにするためです。あとからかけるのであれば、加熱すると変質しやすいオイルも使えます。また、摂取カロリーを増やしたくないときは、ノンオイルで食べても良いでしょう。適度な油の摂取は便秘解消に有効なので、お好みに合わせて選んでみて下さい。

今月のポイント&コラム

野菜を美味しく食べるコツは鮮度!

野菜を美味しく食べるコツは鮮度!

ご存知のとおり、野菜は植物です。スーパーの食料品売場に並んでいたり、ご家庭の冷蔵庫に入っていたりすると、「生き物」という感じはしないかもしれません。

でも、にんじんなどを長い間おいていたら葉が出てきたという経験はないでしょうか?ねぎの根の部分を捨てずに水に浸けて再度収穫したことはありませんか?

野菜は収穫された後も生きています。生きるためには水や栄養素が必要です。そのため、収穫後の野菜は、自らが蓄えている水や栄養素を消費して生きようとします。

収穫してから日が経っているしなびた野菜はどうしても美味しくないですよね。野菜を美味しく食べるなら、新鮮なものを購入して、なるべく早く食べるのが一番!鮮度の良い野菜は美味しさだけでなく栄養価も◎。野菜は冷蔵庫で栽培せずに、早めに食べきりましょう!

このレシピは
  • 参考になった (1)
  • 作りたい (1)
  • 効果があった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。