今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

おからブラウニー

おからブラウニー
食物繊維たっぷり!便秘解消にも効果的!今回はおからを使ったブラウニーをご紹介します。食物繊維たっぷりのおからが入ったブラウニーは、便秘の解消に大変効果的。おからを使うことでしっとりとした生チョコのような食感に仕上がります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(10×15cmのバット1枚。約4個分)

無塩バター
60g
チョコレート
40g
玉子
1個
グラニュー糖
40g
おから
60g
薄力粉
15g
アーモンド(砕いたものもしくはスライス)
15g
生クリーム
適量
いちご
適量

作り方

1.
チョコレートを刻む。無塩バターは1cm角にカットする。
チョコレートを刻む。無塩バターは1cm角にカットする。 チョコレートを刻む。無塩バターは1cm角にカットする。
2.
ボウルに1.を入れ湯煎にかける。
ボウルに1.を入れ湯煎にかける。 ボウルに1.を入れ湯煎にかける。
3.
別のボウルに玉子を割り入れ、グラニュー糖を加え、よく混ぜる。
別のボウルに玉子を割り入れ、グラニュー糖を加え、よく混ぜる。
4.
薄力粉、おからを加え、ゴムベラでダマがなくなるまで混ぜる。
薄力粉、おからを加え、ゴムベラでダマがなくなるまで混ぜる。
5.
4.2.を加えてよく混ぜる。クッキングシートを敷いたバットに流し入れ、アーモンドをかける。160度のオーブンで15分程度焼く。
4.に2.を加えてよく混ぜる。クッキングシートを敷いたバットに流し入れ、アーモンドをかける。160度のオーブンで15分程度焼く。 4.に2.を加えてよく混ぜる。クッキングシートを敷いたバットに流し入れ、アーモンドをかける。160度のオーブンで15分程度焼く。 4.に2.を加えてよく混ぜる。クッキングシートを敷いたバットに流し入れ、アーモンドをかける。160度のオーブンで15分程度焼く。
6.
焼き上がったら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。好みの大きさにカットすれば出来上がり!
焼き上がったら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。好みの大きさにカットすれば出来上がり!食べる際はお好みで生クリームやいちごを添えてもOK 焼き上がったら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。好みの大きさにカットすれば出来上がり!食べる際はお好みで生クリームやいちごを添えてもOK
食べる際はお好みで生クリームやいちごを添えてもOK
焼き上がったら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。好みの大きさにカットすれば出来上がり!食べる際はお好みで生クリームやいちごを添えてもOK

《監修》フードスタイリスト

吉田美生(よしだ みお)

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

調理のポイント

チョコレートを刻む際のポイント

固いチョコレートを刻むのは、なかなか力のいる作業。そのうえチョコレートは溶けやすいため、まな板や包丁についてしまうと洗うのも大変です。

チョコレートを刻む際は、チョコレートをしばらく室温に戻してから切ると、それほど力を入れなくても切ることができます。また、まな板の上に紙を敷き、その上で切ると、切ったチョコレートをまとめやすく、まな板も汚れません。

それから、チョコレートを使う際は水分が入らないよう気をつけて下さい。包丁やまな板、ボウルなどが水に濡れていると、余計な水分が入ってしまい、チョコレートが分離する原因になります。使用する調理器具はしっかり拭いた後、使うようにしましょう。

温度に注意

温度に注意

チョコレートやバターは急激な温度変化を嫌います。ですので、溶かす際は直火ではなく湯煎をします。また、チョコレートを刻んだり、バターを1cm角にカットするのも、温度の変化を少なく、均一にチョコレートやバターを溶かすため。

湯煎しているお湯が沸騰状態のままになっていると、ボウルのふちが熱くなってしまい、チョコレートやバターが高温になり、失敗の原因になります。湯煎にかける際、お湯は一度沸騰したら弱火、もしくは火を止めてしまっても構いません。熱くなり過ぎないように注意してください。

今月のポイント&コラム

ヘルシーなおからを使った便秘解消スイーツ

今回、ブラウニーにおからをたっぷり加え、便秘解消に効果的なスイーツにしました。
おからは豆乳を作る際の大豆の搾りかすです。そのため、大豆に含まれる栄養素が多く残っており、大豆の食物繊維のほとんどがおからには入っています。100g中に含まれる食物繊維は11.5gとゴボウ約2倍。その食物繊維の多くは不溶性食物繊維のセルロースで、腸のぜん動運動を促し、腸内の残留物を排出する働きがあります。
さらにおからには、大豆のカルシウムが多く残っており、ゆで大豆の約40%ものたんぱく質も含まれています。炭水化物やカリウムも豊富で、大豆の炭水化物に含まれるオリゴ糖が、腸内の善玉菌のえさになってくれるため、腸内環境を正常に保つのに大変役立ちます。

一見ぱさぱさしているように見えるおからですが、生のおからには意外とたくさんの水分が含まれています。そのため、腐りやすく、長期保存には向きませんが、今回のブラウニーのような焼き菓子に加えると、しっとりとした焼き上がりになります。

また、おなかにたまる割には低カロリーで大豆イソフラボンも豊富。ですから、おからをはじめとする大豆食品は、女性には積極的に摂って頂きたいですね!

同じスイーツを食べるのであれば、便秘解消や美容に効果的な一品を選びたいもの。是非一度お試し下さい。

このレシピは
  • 参考になった (0)
  • 作りたい (0)
  • 効果があった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。