今すぐ出したい便秘に。イチジク浣腸®

便秘解消レシピ

季節の野菜のキッシュ

季節の野菜のキッシュ
自家製だから好みの味に調整できる実りの秋!美味しいものがあふれる季節です。食物繊維が豊富な食材も多く、便秘解消にはもってこい。野菜やきのこをたくさん食べて食物繊維を摂りましょう!ハロウィンやクリスマスなどのパーティーメニューにもおすすめ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

基本の材料(2人分)

かぼちゃ
100g
たまねぎ
1/4個
ほうれんそう・しめじ
各50g
ベーコン
40g
オリーブオイル
大さじ1
2個
牛乳
50cc
ナツメグ・塩・こしょう
各少々
パイシート(冷凍)
1枚
薄力粉・つけ合わせ野菜
各適量

作り方

1.
かぼちゃ、たまねぎは薄切りにする。ほうれんそうは4cmくらいの長さに切る。しめじは石づきをとってほぐす。ベーコンは5mm~1cm幅に切る。ボウルに、卵、牛乳、ナツメグ、塩、こしょうを入れて混ぜる。パイシートは解凍する。
かぼちゃ、たまねぎは薄切りにする。ほうれんそうは4cmくらいの長さに切る。しめじは石づきをとってほぐす。ベーコンは5mm~1cm幅に切る。ボウルに、卵、牛乳、ナツメグ、塩、こしょうを入れて混ぜる。パイシートは解凍する。
2.
フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、かぼちゃ、たまねぎ、しめじ、ベーコンを炒め、火が通ったらほうれんそうを加えて、しんなりするまで炒めて火を止める。
フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、かぼちゃ、たまねぎ、しめじ、ベーコンを炒め、火が通ったらほうれんそうを加えて、しんなりするまで炒めて火を止める。 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、かぼちゃ、たまねぎ、しめじ、ベーコンを炒め、火が通ったらほうれんそうを加えて、しんなりするまで炒めて火を止める。
3.
パイシートに軽く薄力粉をまぶし、めん棒で伸ばして、型にピッタリと貼り付ける。
パイシートに軽く薄力粉をまぶし、めん棒で伸ばして、型にピッタリと貼り付ける。
4.
3.2.を入れ、ボウルで混ぜておいた卵液を流し入れ、200度に予熱したオーブンで20~30分焼き、食べやすく切り分けて、つけ合わせ野菜と一緒に皿に盛れば出来上がり!
3.に2.を入れ、ボウルで混ぜておいた卵液を流し入れ、200度に予熱したオーブンで20~30分焼き、食べやすく切り分けて、つけ合わせ野菜と一緒に皿に盛れば出来上がり! 3.に2.を入れ、ボウルで混ぜておいた卵液を流し入れ、200度に予熱したオーブンで20~30分焼き、食べやすく切り分けて、つけ合わせ野菜と一緒に皿に盛れば出来上がり!

健康ライター・管理栄養士

志水 あい(しみず あい)

「やり方さえ知っていれば、こどもも大人も誰でももっと手軽に楽しく健康になれるはず!」と考え、管理栄養士として健康づくりに役立つ情報を発信中。

調理のポイント

かぼちゃの旬は冬?それとも秋?夏?

かぼちゃの旬はいつかご存知ですか?冬至に食べる習慣があることから、冬野菜のイメージがありますが、冬野菜ではありません。かぼちゃは6~9月にかけて収穫される夏野菜です。

とはいえ、収穫してすぐは水っぽくて甘みが少ないので、収穫後1~3か月ほど冷暗所で寝かせて食べごろを待ちます。かぼちゃが美味しくなるのは秋から冬にかけて。収穫の旬と美味しくなる旬がずれる野菜なのです。

現代のように保存技術が発達していなかった時代、長期保存できるかぼちゃは冬の貴重な栄養補給源でした。かぼちゃには、風邪が流行る冬にたくさん摂取したいβカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富!不溶性食物繊維も多く含まれているので、便秘解消にも効果的です。

今月のポイント&コラム

型を変えると色んな場面で大活躍

型を変えると色んな場面で大活躍

今回は約17cm×7cmのパウンドケーキ型を使用しましたが、丸いパイ皿やタルト型などでも作れます。切り分けずに食べられるよう、紙コップやマフィン型で小分けして作ると食べやすく、持ち運びにも便利なのでパーティー料理にもおすすめです。

ハロウィン、クリスマス、バレンタインデー…、秋から冬はホームパーティーを開いたり招かれたりする機会も多いのでは?旬の野菜を詰め込んだキッシュなら、パイ生地でエネルギー源、卵と牛乳でたんぱく質源も一緒に摂取できるので、手軽な食事にぴったり。季節やイベントによって具を変えるのも楽しいですよ!

このレシピは
  • 効果があった (0)
  • 作りたい (0)
  • 参考になった (0)

赤ちゃん専用レシピ - 赤ちゃん便秘コム

赤ちゃん・幼児の便秘の原因や対策、赤ちゃん・幼児に使える便秘薬、便秘解消離乳食やマッサージ、ベビーサインなど、赤ちゃん・幼児の便秘を解消するために役立つ様々な情報を配信しています。